導入事例

20160410

大手製薬会社・化学系研究所様(茨城県)

次世代のプラットフォームとして納得のコストパフォーマンスとユーザビリティを提供

化合物登録システムとの親和性や、参照のみのユーザーはフリー版が使えるというコストメリット。また、手軽に「SDFの編集・作成」「Excelで構造式を含むデータを共有」ができ、ユーザビリティが良いと評価をいただいております。

お客様の声

導入に至った経緯や導入後の効果について等、貴重なご意見を頂戴していますのでQ&A方式にて掲載させていただきます。製品導入の参考にご覧くださいませ。

JChem for EXCELをご導入した経緯をご教示くださいますか?
(困っていたこと、課題など)

ISISの終了がほぼ見越せていましたが、Isentrisについては国内での安定的な稼働実績がないため、次世代のプラットフォームとしてChemAxon製品を選択しました。また、化合物登録関係のシステムをスクラッチで作成するプロジェクトとChemAxon製品の親和性が高かったことも大きかったです。当時使用していたISIS for Excelについても、これを機にJChem for EXCELに切り替えました。さらに、投資対効果を考慮すると、化学構造式を見るだけの人に高額なライセンスを使わずにすむ(フリー版で対応できる)ことも大きかったです。

なぜ他の類似ツールでなくJChem for EXCELの採用を決めて頂いたのでしょうか?

化合物登録システムとの親和性や、フリー版も使えるコストメリットがあったためです。また、機能面でもSDファイルを開く・編集保存できるなどの利点がありました。

JChem for EXCELの気に入った点をご教示くださいますか?

手軽に「SDFの編集・作成」「Excelで構造式を含むデータを共有」することができ、ユーザーにとって使い勝手の良いツールで、評判も良いです。

※JChem for EXCELはJChem for Office に含まれるモジュールです。

製 品 情 報

JChem for Office
ChemAxon

Microsoft Office製品に化学機能を付加

ロングセラー化学アドインJChem for Excelが、ExcelのほかにWord、PowerPoint、OneNote、Outlookメールにも対応するJChem for Officeとしてリニューアルしました。これまでのEXCEL化学アドインは、重く、安定性も不十分でしたが、JChem for Officeを用いるとより軽快に大容量の化学データを便利に扱えます。Microsoft Office 2010、2013、2016に対応しています。