SARvision SM

骨格分類(MCS), SAR解析支援ツール

製品カテゴリ

ディスカバリーツール / デスクトップアプリケーション

  • SARvision SMは、化学者にとって重要な仕事のひとつである構造活性相関の検討を支援するソフトウェアです。
    独自の最大共通部分構造(MCS: Maximum Common Substructure) 抽出エンジンにより化学構造データを骨格ごとに分類することができ、SARの検討を容易にします。
    骨格は予めリストとして与える必要はなく、読み込まれた化学構造式から自動的に生成されます。
    骨格ベースのデータマイニングは、記述子ベースのクラスタリングに比べて化学者の感性に近い評価が行え、スクリーニングデータの評価やHit to Leadやリード最適化ステージでの合成戦略の立案などに力を発揮します。

    SARvision SMの特長

    • 構造式群から自動的に共通部分骨格を抽出し、骨格ごとに分類したツリーを提示
    • 骨格を物性や活性データでソートしたり、スライダーを使った動的な絞込み
    • 物性値を計算し、活性値と共に迅速にグラフ化(構造情報とリンク)
    • 共通部分構造と置換基を整理しRグループテーブルを瞬時に作成
    • 豊富なグラフィック機能(棒グラフ、2D散布図、3D散布図)
    • RグループテーブルをEXCELやWORDへ出力し効率的にレポートを作成(コマンドラインオプションをサポートしており、他のソフトウエアとの連携も可能)

    *SARvision Plusになじみのあるユーザー様にとっては、SARvision SMは、Plusのインターフェイスを完全にリニューアルし、スライダーを使った動的なデータ絞り込みや、多彩なグラフィック機能が追加された“改良版”の位置づけになります。

    チュートリアルビデオ

    • Quick Start - Part 1

      構造データの読み込みと骨格ツリーの構築

    • Quick Start - Part 2

      テーブルの作成とレポートの生成

    • Quick Start - Part 3

      グラフの作成、データの視覚化

    • Rグループテーブルの作成

    • 解説ビデオ 1

      MMP(Matched Molecular Pair)解析機能

    • 解説ビデオ 2

      Scaffold Hopping機能

    • 解説ビデオ 3

      画像の構造を構造式に変換して取込み

    • 解説ビデオ 4

      CDD Vault連携機能

    ほとんどの研究者にとってハイスループットスクリーニング(HTS)のデータ分析は今日もなお挑戦的なタスクとなっています。HTS実験に携わる研究者は、データの分析・視覚化・解釈の為に洗練された実用的なソフトウェアを求めています。これらの解決策を説明するために本レポートでは、ChemBankからのアッセイデータセットをどのようにして簡単にSARvisionSMに取込み、素早くSARテーブルを生成し、骨格を抽出し、動的なプロットが1つのデスクトップアプリケーションで行えるかを解説します。

    関連製品

    ペプチド・抗体・RNAなど大きな分子の配列相関解析にはSARvision Biologics