cHemTS:HSコード確認システム

製品カテゴリ

化学物質管理 

  • 構造式からHSコードを瞬時に特定

    国際貿易の通関手続きには、関税率を特定したり、統計情報を適切に取得する為、HSコード(統計品目番号)を必要な書類に記載する必要があります。 HSコードを適切に記載しない場合は、通関の遅延やペナルティー等ビジネスへの影響が懸念されます。ところが、化学品のHSコードの特定はしばしば煩雑で骨の折れる作業となります。cHemTSを使うと化学構造式から、瞬時にHSコード特定し確認することができます。

     

    メリット

    • 正式なIUPAC名やCAS番号がわからなくても特定できます。
    • 新規の化学物質でも、構造式さえあれば、HSコードを特定できます。
    • 複数構造の一括チェックが可能です。

     

    cHemTS_report
    HSコードサンプルレポート(クリックで拡大)

     

     

     

    対応国・地域

    HSコード(統計品目番号)は、国際貿易商品の分類を世界的に統一した6桁の品目番号で、関税・統計等に関して世界の主要国で使用されています。また、7桁以降に各国や地域ごとに枝番が定められています。

    chemTSでは現在以下の国・地域別のHSコードに対応しております。お客様のニーズに基づき、今後も順次拡張を予定しております。

    なお、日本、中国については2021年中のリリースを計画しております。

    • 米国(HTS:Harmonized Tariff Schedule B)
    • スイス
    • EU(欧州連合)

     

    HTS_Aspirin

    使い方

    cHemTSは、以下の3種類の利用方法をサポートしています。

    • シングルチェック:1件ずつ構造式を描画してHSコードチェック
    • ファイルチェック:HSコードを確認したいSDFをアップロードしてHSコードチェック
    • REST Webservice:REST APIを経由のHSコードチェック。ERPなど社内システムと連携して利用可能

     

    まずは、お手元の構造で試してみませんか?[無料]

    cHemTSを検討する価値があるかどうか、お手元の構造で試してみませんか?

    以下のお問合せ先より、お気軽にご一報下さい。

     

      お問合せはこちら

      お問合せフォーム以外にも、電話やE-mailでのお問い合わせも受け付けています

      TEL

      03-6256-0331
      ( 平日 9:00 ~ 17:30 )