ChemLocator

製品カテゴリ

ディスカバリーツール / 創薬ITプラットフォーム / 創薬研究基幹システム / 化学テキストマイニングツール / 化学特許解析

  • 研究の現場では、膨大な時間が文献や報告書、Officeファイルなどを探す為に費やされています。 全文検索システムを導入しても、特に化学物質は多くの名前や識別番号を持つ為、キーワードでの検索では、必要なドキュメントを探し出せないことが多くあります。 ChemLocatorは社内のファイルサーバーやSharePoint、クラウド上のドライブに置かれたファイルに対し、構造式などの化学的情報とフリーテキスト検索を組合わせた検索を可能にしたエンタープライズサーチエンジンです。

    ChemLocatorはすぐに使い始められます

    アプリがインストール直後に動作することを保証するウィザードベースの設定アプローチにより、わずか数回のクリックですぐに使い始めることができます。アプリをダウンロード&インストールしてから構成するまで10分もかかりません。

    クラウドをサポート

    ほとんどの企業では、クラウドに保存されたドキュメントがたくさんありますが、クラウドドライブ内の化学検索は容易ではありません。でもこれからは、ChemLocatorを使用してそれができるようになります。クラウドからドキュメントをダウンロードする必要はありません。ChemLocatorは、Googleドライブ、OneDrive、Dropbox、オンプレミスのSharePointおよびSharePoint Onlineに接続し、それらを化学的に検索できるようにします。

    フリーテキストとメタデータを組み合わせた検索条件が使えます

    フリーテキスト検索ソリューションは市場に広く存在していますが、化学的検索とフリーテキスト検索を組み合わせることができるものはごくわずかしかありません。ChemLocatorはそれができ、しかもフリーテキストのクライテリアを使用することができるだけでなく、文書の重要なメタデータ(作者、作成日、変更日など)でも検索が行えます。

    化学プロパティーやケミカルタームに基づく検索

    化学構造検索は、「分子量がいくつ以上」や「logPがこの範囲内」といった簡単なものではもはや十分ではありません。ChemLocatorでは、化学プロパティーやケミカルタームフィルターでもっと多くを達成できます。また最初の検索を実行したあと、スライダーを用いて上端・下端の範囲を設定し、結果をさらに絞り込むことが可能です。

    Refiners

    初めは私たちが探そうとしているものが必ずしも明確でないこともあります。これに対する一つの解決策として、より一般的なクエリ条件から始める、というのがあります。ヒットリストが大きくなるかもしれませんが、ChemLocatorにはその結果から(データベース全体に対して新しいクエリを実行することなく)ヒットリストを絞り込むことができる「Refiner」という機能があります。Refinerは、データベース全体ではなく、ちょうどすでに利用可能なヒットリスト上に対してのみ動作します。構造Refiner、メタデータRefiner(ファイルタイプ・作成者・作成日)、文書の場所でフィルタリングするRefinerなどをご利用いただけます。

    妥当性によるソーティング

    あるクエリは、部分構造検索を使用した場合、数100件ヒットする可能性があります。しかし、それらのうちどれが可能性として最も高いでしょうか?原子数で結果を並べ替えるのは、ひとつのソリューションですが洗練されていません。本製品では、より洗練された独自の並べ替え方式により、ユーザーがクエリに対して最も妥当なものを上位参照できるようにします。この方式は照会時間に影響を与えない方法で実装されていますので、検索応答時間が長くなることはありません。パフォーマンスの低下なしで、より関連性の高いヒットを上位参照できます。

    OCRおよびOSR

    多くの企業で、レガシーデータは印刷された紙でのみ存在しています。それらのいくつかはすでにデジタル化されていたり、または近い将来デジタル化されると考えられます。しかしこのとき、スキャンした文書に対する検索が問題となります。ChemLocatorは、そういったイメージやスキャンした文書内も化学検索することができます(JPG、PNG、GIF、TIFF形式をサポート)。また、複数の構造認識アプリをサポートするとともに、文字認識機能についてはChemLocatorアプリの一部として備わっています。

    化合物IDとのヒモ付け

    製薬会社において、化合物登録システムや化合物データベースの利用はすでに一般的となっていますが、報告書やその他の書類では、化合物の識別子でのみ表記されることが多くなっています。その化合物IDの単純検索はどのフリーテキスト検索エンジンでも可能ですが、ChemLocatorでは検索条件が化合物名またはシノニムであってもその化合物IDをヒットさせることができます。さらにChemLocatorの検索画面上で化合物IDを構造式に変換することによって、構造検索条件を指定することもできます。