ニュース

20210929

創薬における市販化合物のスクリーニング

新薬さえも市販化合物から見いだせる?

 

ドラックライクなミカルスぺ―スの大きさは約10^63分子と推定されています。この広大な空間のどこかから、未来の薬を見つけることが期待されます。科学者が容易にこのケミカルスペースにアクセスできるように、いくつかの化合物ベンダーは市販の化合物または、合成できる可能性高いことが予測されるドラックライクな化合物の商用データベースを構築しています。また、多くの製薬会社も独自のデータベースを構築しています。

ChemAxonでは化合物デザインプラットフォームDesign Hubから様々なデータベースへのアクセスを可能にしていますが、この度、ホワイトペーパとしてまとめましたので是非ご覧ください。

 

 

創薬プラットフォーム

Design Hubのホワイトペーパーはこちらよりダウンロード下さい。

 

最近のニュース