ニュース

20210519

ChemAxonウェビナー:化学特許を書く新しい方法【動画案内中】

強力で高品質な化学特許クレームの作成を支援

希望する化合物のすべてをカバーし、先行技術との重複がない特許明細書を作成することは、とても骨の折れる作業であり、大きな責任を伴います。

Markush Editorは、ドラフティングプロセスのすべての段階でお客様をサポートし、時間と労力を節約し、強力で高品質なクレームの作成を支援します。

本ウェビナーでは、現在開発中の日本語によるクレーム文案の自動生成についてもご紹介します。

本ウェビナーは、2021年6月17日に開催されました。動画をご希望の方は以下のボタンよりリクエスト下さい。

 

動画リクエスト

 

 

Markush Editorの主な機能

  • 化合物構造式リスト(SDF等)からそれらの構造をカバーするマーカッシュ構造(マルクーシュ構造)の自動生成
  • マーカッシュ構造(マルクーシュ構造)に対して任意構造式が含まれるかどうかの判定
  • マーカッシュ構造(マルクーシュ構造)を階層形式でわかりやすく表示・編集
  • マーカッシュ構造(マルクーシュ構造)からクレーム文案の自動生成
  • マーカッシュ構造(マルクーシュ構造)から個別構造の生成

 

claim

最近のニュース